「終活サポータークラブ」について

  • 終活に関する勉強会・セミナー・検定を開催し、終活の啓蒙・普及に取組んでいます。
  • 終活カウンセラーのためのスキルアップセミナーを行い、カウンセラー育成に務めます。
  • いのちについてを探求できるセミナーの開催、桃・柿育英会への寄付などを行っております。

活動内容

活動内容

終活サポータークラブ会員規約

協賛会員規約

「終活サポーター」協賛規約

一般社団法人 終活カウンセラー協会(以下、本協会という)は、各協賛企業・団体との間の権利義務関係を下記の通り定める。

第1条 (定義)

本規約において、協賛企業とは、終活を普及する活動に賛同した、企業、団体、商店、飲食店、サービス業その他を総じて指すものとする。

第2条(本規約の目的)

1. 本規約は、協賛企業・団体等と本協会の権利義務関係を定めることを目的とするものである。

2. 本規約の内容は、必要に応じ、運営者により変更することがある。本規約の変更に関する告知は、終活カウンセラー協会運営サイト(以下「本サイト」という上での掲載の方法のみによって行う。また、本サイト内に随時掲載、追加する付則、規程類は本規約の一部を構成するものとする。

第3条(協賛)

協賛団体は、本協会に協賛の口数を指定してスポンサーの申し込みをする。協賛申し込み口数は、1 口 10 万円とする。

第4条(協賛団体のメリット等)

本協会は、希望する協賛団体に対して協賛団体が享受できるメリットを書面にて提供する 。希望する協賛団体は、本協会が指定するバナーを使用した協賛団体の広告活動を行う事ができる。このメリットの提供期間は、本契約成立後 から本大会開催当日までとする。

第5条(本協会の責任等)

本協会は、本協会の企画等全てにつき裁量の自由を持つとともに、本協会の運営と管理について責任を持つ。なお、本協会のトレードマークやロゴについての商標権、所有権はあくまで本協会に帰属する。

第6条(ロゴの使用等)

希望する協賛団体は協賛期間中、本協会の名前、ロゴを無償にて、その製品、マテリアルに使用する事ができる。但し、本協会に対し、事前に連絡するものとする。

第7条(本協会の運営)

本協会は、本協会の運営につき次の事項の実行を約束する。

1. 本協会の企画と運営に必要なスタッフと運営組織の編成

2. 運営に関する事項の作成と周知

3. 財務、収支計画と実行

4. 報道関係の対応

5. 希望する協賛団体のメリットの履行の確保に必要な事項

6. その他運営実行に必要な関連事項

第8条(禁止事項)

本協会は、本協会の目的と趣旨から外れた運営や、協賛企業の利益を損なう行為および協賛企業のブランドを毀損するような行為等を行ってはならない。

第9条(大会メディア使用権)

本大会中に作成された写真・ビデオその他のメディアについて希望する協賛団体は、本大会終了後もその宣伝活動の目的で使用することが出来ることとする。但し、主催団体に対し、事前に連絡するものとする。

第10条(協賛期間と支払い)

協賛団体は、本協会の指定する銀行口座に、申し込み口数に応じた金額を申し込み後 1 ヶ月以内に送金して支払う ものとする。協賛期間は、申込日翌月1日から1年間とする。

第11条 (紛争処理及び損害賠償)

協賛団体は、本規約に違反することにより、運営者に損害を与えた場合、運営者に対し、その損害を賠償しなければならない。

第12条 (権利譲渡等の禁止)

協賛団体等は、本規約に基づく自己の権利・義務の全部または一部を、第三者に譲渡もしくは転貸、売買、名義変更、質権その他の担保に供する等の行為をしてはならないものとする。

第13条(協議)

本規約に定めなき事項については、双方円満に協議するものとする。

第14条(条項の改訂)

本協会は事前の通告なしに本規約の全ての条項を改訂できるものとする。

終活サポータークラブ(協賛企業)の会員紹介です。
「終活」という考え方を広め、安心安全な日本を創ることを応援している企業です。