監修・講師紹介

代表理事

遠山 玄秀

武藤 頼胡
終活カウンセラー協会代表理事

1971年生まれ
一般社団法人終活カウンセラー協会代表理事
リンテアライン株式会社 代表
明海大学ホスピタリティツーリズム学科外部講師
「終活カウンセラー」の生みの親。自身も終活カウンセラーとして活動しながら、「終活」についての大切さを一般目線で伝えるため、毎月巣鴨、浅草でアンケートを実施中。
リンテアライン株式会社では、葬祭業のコンサルタント事業を展開。お客様目線とクライアント希望の両方を加味した提案を心がけ実践中。

メディア記録

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌
  • ガイアの夜明け(テレビ東京)・NHKニュースウォッチ9・NHKニュース7・NHKNewsWeb・朝日新聞・日本経済新聞・婦人公論・『私の何がいけないの?』終活カウンセラーとして出演(TBS)・ナイナイアンサー(日本テレビ)・週刊ダイヤモンド掲載・日経マネー・みんてら掲載・ 山陽新聞・岡山テレビ・保険情報新聞・中日スポーツ新聞・Jキャストニュース・スーモジャーナル・自由学校・エキサイトニュース(ヤフーニュース)・仏教タイムス・フューネラルビジネス・日刊スポーツ新聞・日経マネー・サリュ・サンパウロ・葬祭流儀・天下雑誌・共同通信・ファイナンシャルアドバイザー・浄土新聞・産経新聞・東洋経済・生島ヒロシのおはよう一直線(TBSラジオ)・くにまるジャパン(文化放送) など
講演実績
  • SMBC日興証券・神奈川コープ・新所沢公民館・武蔵村山市包括センター・株式会社トーコー・岡山照泰仏堂・熊本終活フェア・全国賃貸住宅フェア・オリックス生命・アクサ生命・町田福祉サービス協会・神戸いきいき財団・證大寺昭和浄苑・ウィルライフ・津山市包括センター・溝口祭典・和歌山終活フェア・遠賀町公民館・富士宮終活フェア・千曲市社会福祉協議会・石橋公民館・日本石材産業協会・ACA・アルファ東雲・藤原葬祭・ など

弁護士

武内 優宏

武内 優宏
法律事務所アルシエン
代表弁護士

"早稲田大学政治経済学部卒業後2005年に司法試験合格、準大手法律事務所勤務を経て2011年1月から法律事務所アルシエンを開設。債権回収や事業再生等幅広い分野を取扱う一方、葬儀社の法律顧問業務や遺言・相続に関する案件等高齢者に関する法的問題を多く扱い、遺言・相続セミナーなど講演も多数行なっている。特に、「おひとりさま」からの法律相談、孤独死した方の遺族からの相談に精力的に取り組む。若手ながら、週刊ダイヤモンドなど一般誌の遺言・相続、老人ホーム特集から月刊仏事など葬儀業界誌まで多数のメディアにも掲載されており、高齢者に関する諸法律問題に精通した弁護士のひとりである。

メディア掲載実績

テレビ・ラジオ
  • ・朝日放送「NEWSゆう」(「おひとりさま」独りで暮らす高齢者の不安、2008/11/18)
  • ・TBSラジオ「鈴木おさむの考えるラジオ」(「終活」を考える、2012/1/18)
新聞・雑誌
  • <取材協力>
  • ・日本経済新聞(Money & Investment 相続の基礎、2012/3/21)
  • ・日本経済新聞(Money & Investment 守る継ぐ、2012/6/13)
  • ・日本経済新聞(Money & Investment 守る継ぐ 「子供がいない相続 遺言が要」、2013/2/6)
  • ・週刊ダイヤモンド(「もめない相続賢い贈与」、2009年10月24日)
  • ・週刊ダイヤモンド(「葬儀・寺・墓・相続大辞典」、2010年4月29日)
  • ・週刊ダイヤモンド(「頑張らない介護&安心の老人ホーム」、2010年10月23日)
  • ・週刊ダイヤモンド(「相続が大変だ」、2011年1月22日)
  • ・週刊ダイヤモンド(「葬儀・相続・エンディングノート」、2011年7月7日)
  • ・月刊寺門興隆(判例解説多数)
  • <連載>
  • ・月刊仏事(葬儀社のちょこっと使える法律知識、2011年8月~2012年7月)
  • ・月刊スタッフアドバイザリー(弁護士&税理士は見た! フツウのお宅の相続事件簿、2013年1月~)
  • ・月刊フューネラルビジネス(知らなかったでは済まされない! 葬儀社のための法律基礎講座、2013年4月~)

弁護士として、いわゆる「おひとりさま」からの相談を受けておりますと、「自分が死んだ後面倒を見てくれる人がいない」「子どもがいるけど迷惑はかけたくない」と言った悩みを聞くことが多くあります。そのような自分の終焉に向けた悩みを解決して、残された人生を明るく楽しく過ごすための一助になれれば幸甚です。

税理士

内田 麻由子

内田 麻由子
税理士、ファイナンシャルプランナー
一般社団法人日本想続協会 代表理事、内田麻由子会計事務所 代表
☆一般社団法人日本想続協会
☆内田麻由子会計事務所
☆ブログ「赤坂で働く女性税理士のアメブロ」

大手税理士法人勤務を経て2003年開業。
モットーは「本業から離れるな、だけど本業にこだわるな」。
☆相続・贈与・事業承継に強い。相続税・贈与税・譲渡所得税の申告、相続対策、
事業承継対策のコンサルティング実績多数。
☆相続・税務・会計に関するセミナーや研修では、楽しくわかりやすい講演に定評がある。
☆2010年、一般社団法人日本想続協会を設立。
スローガンは「円満想続の3K(感謝・絆・供養)」。
☆40代以上の方のための、相続&想続を楽しく学ぶ『想続塾』を主催。
☆士業・FPのための情報交換会『相続マーケティング研究会』を主催。
☆ブログとフェイスブックにて最新情報を発信中。
☆好きな言葉は「和顔愛語」「日日是好日」。

相続とは「相(すがた)を続けること」です。相続には「財産の相続」と「心の相続(想続)」があります。心の相続とは、親の生き方、信条、想いを相続することです。相続は決して資産家だけの問題ではありません。ごく普通のご家族でも相続が「争続」になってしまうこともあります。家族の絆を深める円満な想続のために、ご一緒に終活について学び考えましょう。

社会保険労務士

島田弘樹

島田弘樹
島田経営労務研究所 代表

「働く人の笑顔と輝きのために」をテーマに、人事労務に関するあらゆるシーンでお客様のお役に立つ社労士。助成金や就業規則、雇用問題など中小企業の労務管理が得意。
現在、大規模異業種協同組合に所属し、1000社を超える様々な中小企業経営者のお悩み解決に日夜奔走中。
外国人技能実習生の受入事業など、中国やベトナムにもパイプを活かし、企業の海外進出のサポートも行っている。
また経営労務コンサルタントとして顧問先企業の労務・税務・財務の相談業務を行いながら、助成金アドバイザー、
共済・組合コンサルタント、出版プロデューサーとしても活躍。
主な著書に「知らないとソンする退職の新常識」ぱる出版(2010/07)や
年収減でもお金に困らない サラリーマンの生活見直し・安心マニュアル」ぱる出版(2011/11)がある。

著書のご案内

  1. 悲しむ力 2000人の死を見た 僧侶が伝える30の言葉
    年収減でもお金に困らない
    サラリーマンの生活見直し・
    安心マニュアル
  2. 自殺と貧困から見えてくる日本 レポートブック
    知らないとソンする
    退職の新常識
    ―最新法律事情に対応

石関裕子

石関裕子
いしぜきマネジメントオフィス 代表

元CAの肩書を持つ異色の社会保険労務士。横浜国立大学経済学部卒。
全日本空輸株式会社国内線客室乗務員、法律事務所、コンサルティング会社を経て、開業。
特定社会保険労務士として、社会保険の手続、就業規則等の作成、助成金申請、労務相談など企業の人事労務全般をサポート。
また元国内線客室乗務員の経験を活かし、マナーおよび接遇研修も得意としており、経営に全力を尽くされる経営者様と、一生懸命働く社員の方の間を取り持ち、コミュニケーションをはかるお手伝いをしています。

◆So-netが運営する事業支援サイトに連載中。
「経営ノウハウ」の「起業のススメ」です。http://smartsoho.so-net.ne.jp/
◆ポッドキャスト番組「秘伝!診断士暗記術」(毎週月曜日更新)「秘伝!社労士暗記術」
(毎週火曜日更新)「秘伝!FP暗記術」(毎週水曜日更新)に出演中。

ファイナンシャルプランナー

山下弘毅

山下弘毅
ファイナンシャルプランナー
Focus Design株式会社 代表取締役

1999年、国内金融機関から国際複合金融機関へ転職し、コンサルタントを経て新入社員の育成担当とチームリーダーを兼任。2002年4月に独立FPとして起業し現在に至る。
2002年から日本に導入された米国発のマネーセミナー「SMMS」に当初からテストインストラクターとして参加。一貫して金融機関に在籍した経験を生かし、金融商品、保険商品の選び方やライフデザインの考え方を平易にわかりやすく伝える。
セミナーは公民館等での一般向け、大手企業の従業員向け、大手ハウスメーカーの顧客向け、卒業を迎える大学生に向け等、多数の実績がある。
一般個人の資産相談の他、中小企業の資金繰りや事業計画の立案・実行に関する相談、従業員の採用・教育に関する相談等の業務を、「クライアントの自己コントロールをサポートする」という立場で幅広くこなしている。
顧問先は、理美容、建設、リフォーム、スポーツジム、鍼灸医院、PC教室等、多岐にわたる。

自身の終末を見つめることで、今をよりよく生きるという協会の理念に共感し、活動に参加させていただきました。FPという仕事柄、相続・争族・終末という諸問題に数多く接してきました。私たちの普段の様々な経済活動や行動の結果は、最終的には必ずこれらの諸問題を生んでいきます。終活を通じて、「ご本人やご家族の心が満たされる終末」とはどういうものか?について皆さんと一緒に学んでいきたいと思います。

終活サポータークラブ(協賛企業)の会員紹介です。
「終活」という考え方を広め、安心安全な日本を創ることを応援している企業です。