終活ジャーナリストがあかす「発信力を身につける方法」 八戸開催

開催要項

日時 2019年11月12日(火) 18:30~20:30(受付 18:15~)
場所 ●八戸市民会館 会議室4
青森県八戸市内丸1丁目1番1号
アクセスはこちら
講師

終活カウンセラー上級インストラクター 小川 朗

甲府市生まれ。日大芸術学部卒。スポーツ紙の海外特派員として岡本綾子らが挑戦した米ツアーを324試合取材。デスク時代に約100人を超える記者を育て、運動部長、文化部長を歴任。 法務委員時代に、自殺予防学会で講演。管理職時代に現場から上がってくる社員の年金、介護、企業うつ問題にも当たった。 広告局長を4年半務め独立。日刊ゲンダイなどで連載記事を持つ傍ら、講演活動も行っている。 現日本ゴルフジャーナリスト協会副会長。

内容

終活ジャーナリストが安全かつ情報発信を直接指導!
スキルアップのチャンスです。

1億総発信時代の今、トラブルを回避しつつ、情報を発信していくことは不可欠。
新聞社の法務担当として、多くの訴訟案件に対応した講師が、安全かつ読者の心をつかむ記事作成の方法を伝授します。

5月に東京、8月に新潟で開催され、記事作成のワークが大好評を博した勉強会です。

【勉強会目次】
〇…「発信力」をどう使うか
〇…自分の長所を明確にする=発信力
〇…スポーツと健康・腸活と終活
〇…情報発信の基本は新聞記事と同じ
〇…問われる能力・スピードと正確性
〇…1億総発信時代・SNSの落とし穴
〇…新聞記者の成否を分けるのは「傾聴力」
〇…究極の現場「いのちの電話」済生会HP
〇…ターゲットに発信 世代・業種・性別
〇…発信力を集客に結び付ける方法とは
〇…健康寿命=アンチエイジング=美容
〇…ゴルファーと終活・会員権の新商品
〇…ゴルフ場で在宅医療と在宅介護の夢
〇…終活を仕事に生かした3つの成功事例月に新潟で開催され、記事作成のワークが大好評を博した勉強会です。

八戸初開催!この機会をお見逃しなく。

参加条件 なし
参加費
(事前支払い)

3000円(税込)

定員 14名

勉強会に参加する

※こちらは検定ではございません

終活サポータークラブ(協賛企業)の会員紹介です。
「終活」という考え方を広め、安心安全な日本を創ることを応援している企業です。