終活カウンセラーとは

「終活」に関して「カウンセラー」としてじっくり話を聴けるスキルを持った方です。
終活に関する抽象的な「悩み」の中身が、どの分野の悩みであるのか、またどの専門家が必要であるかを見極める

「シニアのお困りごと案内人」

終活カウンセラーの知識は、専門分野を全て網羅するものではなく、終活に必要な幅広い知識を持ち、相談人の「悩み」がどの分野に当てはまるかを的確に応えることができ、また、案内してはいけない範囲のすみ分けができ、相談者が次に何をすれば良いか、また「話しを聴いてくれた」と喜ばれるスキルの持ち主。

終活カウンセラー協会の資料はこちらからダウンロード頂けます
終活カウンセラー協会の資料はこちらからダウンロード頂けます

 

終活カウンセラー 認定資格とは

終活カウンセラーは、終活に関する抽象的な「悩み」の中身が、どの分野の悩みであるのか、
またどの専門家が必要であるのかを見極めます。
『「どうしよう」と思っている方から話しを聴き、その相談は○○の専門家に聴く案件です。』と
専門家や専門企業に繋ぐ架け橋の資格です。

このような方に「終活カウンセラー認定資格」をおすすめします

  • 人生の先の不安を少しでも解消したい50歳以上の方
  • 保険会社、士業、葬儀社など相談を受ける機会のある職業の方

「終活カウンセラー認定資格」で得られる知識

など各分野の理解

「終活カウンセラー認定資格」のメリット

  • 少子高齢化社会に備え、終活に関して知識を得ることができ、あなたの家族・親戚・友達を助けることができます。
  • 終活カウンセラーというブランドが競合他社との差別化になります。
  • 新規事業、販路拡大
  • アドバイザーとしてのコーチング、カウンセリング力向上
  • 資格が取得できます。(認定証を送付します)

終活カウンセラー資格の活かし方

終活カウンセラー資格は幅広い職業の方に取得していただいております。
特に取得者の方が多い職業の実際の活かし方を紹介します。

葬祭業の方の活かし方

葬儀は宗教観や死生観によって人それぞれ異なりますので、依頼者の希望になるべく沿った形であげられるようにお手伝いする必要があります。
そのため、まずはじめに相談者の葬儀に関する漠然としたイメージをエンディングノートに書くなどして、現実化させることが有効な場合があります。
この時に、終活カウンセラーを取得していると、葬儀だけでなく幅広い相談にのることができます。

石材業の方の活かし方

近年様々な供養形態が出てきており、どんなお墓を建てるべきかわからないという方がたくさんいます。
この際終活カウンセラー資格を取得していると傾聴することによって、相談者にどのようなニーズがあるのかを踏まえて的確なアドバイスがしやすくなります。

保険業の方の活かし方

最期を迎える時に葬儀や建墓の費用、相続税などについて家族に迷惑をかけたくないという方は少なくありません。
その解決策の一つが保険です。
終活カウンセラーの資格があることで、葬儀や建墓に必要な費用はいくらなのか、どのタイミングで保険料を受け取れるのかなどの疑問を解消しながら加入者の立場に立った保険の提案をすることができます。

近年では保険金を葬儀費用として使用する目的の死亡時生命保険なども登場しているため、終活に関する深い知識があることで加入者との信頼関係を築きやすくなります。

金融機関の方の活かし方

本人だけが知っている口座や不動産がないかを整理し、資産を集約することは終活の大事な作業の一つです。
また誰に相続をするかなどのアドバイスや提案をすることで、お金にまつわるトラブルを回避することができます。

遺言代用信託という商品は遺言書を残すほどではないという人のニーズに答えるために生まれました。
終活の知識を深めることで、顧客の高齢化への対応と幅広い提案が可能になります。

士業の方の活かし方

弁護士、司法書士、行政書士、税理士などは終活に関わる代表的な士業です。
遺産相続に関わることが多いですが、終活全体の流れの知識があることで遺産相続以外の課題に対しての提案ができるようになり、相談者からの信頼を得やすくなるメリットがあります。

また資格を持っていることで遺産相続をメインにしている同業者との差別化にもつながります。

終活カウンセラー 認定資格について

初級終活カウンセラー

終活に関しての基礎知識。
幅広い、知って頂きたい知識です。自分のエンディングノートが書けるようになるような知識です。

講習時間と試験 約6時間の講習後 筆記試験
受験料 9,970円(税込) 講習代、試験代込み、お弁当付き
認定料 試験合格後、会員登録していただくことで、
初級 終活カウンセラーとして認定されます。
※会員登録料月380円、2018年4月より月400円に変更、次回更新時分までのまとめ払い(更新時期:3月末)
合格までの流れ
受講申し込みを頂き、受講料をお支払頂いた後に「終活カウンセラー初級」テキストをお送りします。練習問題も付いておりますのでそれを使用して試験当日までに勉強していただきます。試験日は、テキスト解説をしたあと、試験となります。


申込み受付中の終活カウンセラー初級検定はこちら

上級終活カウンセラー

終活に関してのカウンセリングスキルと案内スキル
(※初級 終活カウンセラーに合格した、終活カウンセラー会員の内、今年協会が開催する勉強会に
1回以上参加したことがある方のみ受講することができます)
他の人にエンディングノートを書くアドバイスができる知識とスキルです。

講習時間と試験 事前レポート提出 講習1日
課題取組 試験半日
応募条件 終活カウンセラー初級取得者
受験料 39,960円(税込) 講習代、試験代、弁当代込み

別途事前審査費 2,160円
試験合格後、上級 終活カウンセラーとして認定されます。

インストラクター養成講座終活カウンセラー上級インストラクター

終活カウンセラーを育てる講師の資格です。
(※上級 終活カウンセラー合格者で、協会が開催する勉強会に年間2回受講した方が申込することができます)

講習時間と試験 講習4日間
1日目 10:30~18:00
2日目 9:30~17:00
3日目 10:30~18:00
4日目 9:30~17:00
試験1日 30分程度
応募条件 【1】終活カウンセラー勉強会年間で2回以上参加
【2】過去に「エンディングノートの書き方セミナー講師養成講座受講者」参加 ※参加日は問わず
【3】終活カウンセラー上級所有者
受験料 220,000円(税込) 試験代・資料代込み
合格後、終活カウンセラー上級インストラクターとして認定されます。

その他、終活カウンセラー協会代理店などあります。
※準備が整い次第アップ致します

終活サポータークラブ(協賛企業)の会員紹介です。
「終活」という考え方を広め、安心安全な日本を創ることを応援している企業です。